バイナリーオプションで「損切り」って出来るの?ハイローオーストラリアで実践!

2020年4月13日ハイローオーストラリア,バイナリーオプション

今回はバイナリーオプションにおける損切りについてご紹介していきます。

バイナリーオプションというと「ハイかローかを予想するだけじゃないの?」という人が多いと思いますが、実は保有している注文を途中で売ることも出来るのです。

その途中で売るという行為をすれば、FXなどのように損切りをすることが出来るわけですね。

ここでは個人的におすすめしているハイローオーストラリアを使いながら、「バイナリーオプションで損切りをする」という方法を解説していきます。

ぜひ、これからバイナリーオプションに挑戦するという方は参考までに見ていってください。

バイナリーオプションでおこなう「損切り」とは?ハイローオーストラリアを使って解説!

起業家, 開始, 起動します, グラフ, 取引, コー​​ス, 外国為替, 分析, 株, 証券取引所, 男

ハイローオーストラリアの口座開設ページはこちら

まだバイナリーオプションをやったことがないという人の中には「バイナリーオプション=上がるか下がるかを予想するだけ」といったイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、実際にはバイナリーオプションでも保有するポジションを決済前に売ることは可能です。

つまりFXなどと同じように「損切り」が出来るというわけですね。

もちろん損切りの反対として「利確(利益確定)」も出来ます。

この途中で売るという行為を「売却」「転売」と呼びますが、どれも意味は同じです。
(サイトによって呼び方が違うだけ)

バイナリーオプションの場合、予想が外れたまま判定時間を迎えると投資額が全部没収されるというリスクがあります。

しかし、この売却・転売という機能を使うと、損失額を少なくすることが出来るわけです。

そのため、途中でポジションを売るというテクニックを身につけると、運任せではなくしっかりと計算した投資が出来るようになります。

ハイローオーストラリアでバイナリーオプションの損切りを実践してみる

それではハイローオーストラリアの取引画面を使って「損切り」の仕方を説明していきます。

こちらはハイの注文を出したときの画面です。

中央のチャートに緑色のマークがされているところがエントリーしたポイントです。

そして、注文した内容は画面の下に一覧となって表示されます。

この赤矢印のところが「転売」ボタンです。

この「転売」ボタンをクリックすると現在の評価額が画面に表示されるわけですが、その画像がこちらとなります。

ご覧のように①の購入金額と②の転売時ペイアウトの金額が異なることが分かりますよね。

①よりも②の方が大きければ利益が出ていますし、①より②の方が小さければ損失を出している状態ということを意味しています。

※上画像:①1,000円>②855円 ⇒ 損失が出ている状態

このとき、判定時間までの値動きから判断して「予想が失敗した」「このままだと投資額がすべてマイナスとなってしまう」と感じたのであれば、転売をおこないます。

これがいわゆる損切りです。

上の画像で言えば、投資額1,000円がなくなるところを855円で抑えられたということになりますので、損失額を減らすことになるわけですね。

この転売機能を上手く使うことによって、損失を減らし利益を増やすことが出来れば、バイナリーオプションもただの2択の勝負ではなくなってきます。

「利益を得るときにはしっかりと2倍以上、損失は投資額の50%まで」といった形でルール化しておけば、手元に残せるお金もグッと増えます。

ただし、ハイローオーストラリアで転売ができるのは判定時間が3分以上からです。

30秒と1分の取引では転売が出来ませんので注意しましょう。

とはいえ、30秒や1分の取引の場合はすでに予想を固めて投資をすることがほとんどですので、転売機能はそもそも必要ないとも言えます。

バイナリーオプションで損切りをするメリットは?

なんといっても投資額を全部没収されなくて済むというのは大きなメリットと言えます。

また、バイナリーオプション取引ではペイアウト率と勝率によって収支計算をすることが多くなりますが、損切りを計算に加えるとプラスへの期待値が高まります。

たとえばペイアウト率2倍の取引で1,000円を投資したとしましょう。

このとき、利益となる期待値はプラス1,000円です。

そして損切りなしで負けたとすると、損失への期待値がマイナス1,000円となります。

この状態だと勝率5割でプラスマイナスゼロ、勝率4割でマイナスとなるのですが、仮に負けた注文すべてを転売時ペイアウト350円を下限として決済したとすると勝率4割でも利益が残ります。

<ペイアウト率2倍、投資額1,000円/1回、合計投資回数10回>

勝率 転売なし 転売あり
転売時ペイアウト350円を下限とする
(失敗した投資回数×350円)
60% +2,000円 利益2,000円+4回×350円=3,400円
50% ±0円 利益0円+5回×350円=1,750円
40% -2,000円 損失2,000円-6回×350円=100円

ご覧のように本来であれば損失を計上するはずの勝率でも、この転売を使えば利益を残すことが出来るわけです。

損切りのための転売を覚えると「利益の期待値1,000円・損失の期待値-1,000円+⒳円」となるので、理論上は勝率5割でも利益が出せるようになります。

これが転売の大きなメリットですので、ぜひ賢く活用してみてください。

【まとめ】バイナリーオプションで損切りを覚えると利益率がアップする!ハイローオーストラリアで転売攻略!

成功, 矢印, アイデア, 能力, ビジョン, ターゲット, マーケティング, 計画, 開始, 起動します

ハイローオーストラリアの口座開設ページはこちら

バイナリーオプションの世界でも損切りというのは非常に有効な手段のひとつです。

ご覧いただいたように勝率が低くても利益を残せる可能性、より多くの利益を得る確率がアップしますので、ぜひ試してみてください。

なお、本文中でもおすすめしましたが、ハイローオーストラリアの転売機能は使い方も分かりやすいので初心者向きと言えます。

ぜひこれからバイナリーオプションに挑戦したいと考えている人は利用してみましょう。