【初心者向け】バイナリーオプションとFXの違いってなに?分かりやすく解説!

2020年3月15日バイナリーオプション

自宅でも出来そうな副業を探していたら、たまたまバイナリーオプションというものを知ったという人も多いと思います。

そんな方にとっては「バイナリーオプションとFXってなにが違うの?」という初歩的な疑問もありますよね。

バイナリーオプションとFX。

どちらも為替レートなどに投資するという点は同じなのですが、そこには色々な違いがあります。

ちなみに、投資初心者の方であればバイナリーオプションから始めることを個人的にはおすすめします。

この記事ではそんな投資初心者の方にも分かりやすい形で両者を比べていきますので、どうぞ最後までご覧になっていってください。

初心者でも分かる!バイナリーオプションとFXの違いについて!

ビジネス, キャリア, 男, キャリアのはしご, シルエット, 上昇, 社会, トップ, 深淵, 開発, 成功

さっそくバイナリーオプションとFXの違いについて説明していきますが、最初にもっとも大きな違いをご紹介しておきます。

それは決済がおこなわれるタイミングが決まっているか、それとも自分で決めるかという点です。

バイナリーオプションというのは決済がおこなわれるタイミングがあらかじめ決まっています。

対してFXというのは自分が決めたタイミングで決済をおこないます。

これが大きな違いなのですが、そうなると必然的に利益や損失の金額というものが変わってくるわけですね。

簡単にいえばバイナリーオプションは結果が固定制、FXは変動制といったイメージです。

ちなみに、バイナリーオプションでも自分のタイミングで決済がおこなえる取引はあるのですが、利益も損失も最初に決めた一定額以上にはなりません。

こうした部分も踏まえて固定制という言葉で伝えています。

また、ほかにもバイナリーオプションとFXにはいろいろな違いがありますが、それらをまとめた比較表を用意しました。

まずはこちらをご覧ください。

バイナリーオプション FX
取引時間 あらかじめ決まっている時間内でレートの上がり下がりを予想する 原則として取引時間は決まっていない
取引時間の例外 売却や転売機能を使うと自分の決めたタイミングで決済ができる 先物取引など取引時間が決まっている銘柄もある
利益と損失の額 あらかじめ決まっている 決まっていない
投資金額 1,000円程度から可能 取引量によって大きく異なる
ロスカット なし あり
レバレッジ なし あり
メリット
  • 自分で決済のタイミングを判断しなくて良い
  • あらかじめ利益と損失の額が分かっている
  • 取引の内容がシンプルで分かりやすい
  • 決済のタイミングが決まっていない分、それだけ大きな利益を求められる
  • レバレッジを使えば自分が保有する資金以上の取引が可能
デメリット
  • 1回の取引で得られる利益が限られていいる
  • FXと比べると選べるサイトが少ない
  • 予想を上回る大きな損失が発生する可能性がある
  • 初心者の場合、売り買いのタイミングが難しい

こちらがバイナリーオプションとFXの主な違いです。

それぞれに説明を加えながら見ていきますので、参考にしてください。

バイナリーオプションとFXの違い①取引時間とその例外

先ほども触れたようにバイナリーオプションには決済時間があり、FXには決済時間がないというのが両者においての基本的な違いです。

ただし、バイナリーオプションでも選ぶ業者・取引時間によって「売却・転売」といった方法によって途中で保有するポジションを決済することができます。

また、FXにおいても決済期日があらかじめ決まっている先物取引などがあります。

しかし、やはり前提としてバイナリーオプションは決まった時間内での価格の上がり下がりを予想するものですので、取引自体がシンプルということが特徴に挙げられるでしょう。

決済時間が決まっているというのは初心者にとってもありがたい面が大きく、損切りや利益確定といった判断能力がいらないので利用がしやすいです。

バイナリーオプションとFXの違い②利益と損失

バイナリーオプションというのはあらかじめ利益の額が決まっています。

この利益額はペイアウト率という数値で確認できますが、おおむねどのサイトでも1.8倍~2倍というのが相場です。

そして損失の額=投資した金額までというのもバイナリーオプションの特徴ですね。

対してFXの場合は、最初にポジションを保有するために使った注文額以上の損失が出ることもあります。

バイナリーオプションとFXの違い③投資金額

バイナリーオプションの場合、国内と海外どちらの業者を選ぶかによっても投資額が変わってきますが、だいたい「1,000円/1取引~」というのがひとつの目安です。

最大だと「5万円~20万円/1取引」といったところですね。

FXの場合はさらに幅が広く、数百円~数千万円といった金額の中で取引がおこなわれます。

ちなみに、この大きな金額を運用するために必要となるのが次にご紹介するレバレッジというものです。

バイナリーオプションとFXの違い④ロスカットとレバレッジ

投資関連の記事などを読むとロスカットやレバレッジという言葉が出てきますが、バイナリーオプションにはロスカットもレバレッジもありません。

このロスカット・レバレッジというのは主にFXで使われるものです。

  • レバレッジ:持っているお金以上の取引を可能にする
  • ロスカット:保有する注文を維持するためのお金が足りなくなってきたら決済されるというシステム

簡単に言えばこんなイメージです。

レバレッジ25倍と書いてあったら、自分のお金1万円で25万円分の取引が出来るという感じですね。

このレバレッジというものがあるおかげで、FXでは自分が持っているお金以上の取引をおこなうことが出来るわけです。

バイナリーオプションとFXの違い⑤メリット

バイナリーオプションのメリットは決済のタイミングと利益・損失の額が決まっているので、初心者でも計算がしやすいという部分です。

そして、取引の方法がシンプルなので誰でも挑戦することができます。

基本的にはレートが上がるのか?下がるのか?を選ぶだけですので、為替の勉強をしなくてもすぐに取引が可能です。

対してFXのメリットは自分の持っているお金以上の取引ができて、大きな利益を生む可能性もあるという点です。

この点に関してはFXの方が優れていると言えますが、そこには大きなデメリットも存在します。

バイナリーオプションとFXの違い⑥デメリット

FXは大きく稼げる可能性がある分、それだけ大きな損失を生むことも考えられます。

たとえばバイナリーオプションであれば1回の取引に1,000円を使った場合、損失は最大で1,000円までです。

対してFXの場合は損失額がある意味で無制限となっていますので、1,000円分の注文をしたとしても口座にある金の全額もしくはさらに追加で発生した損失額もすべて補填しなければいけないというケースもありえます。

これがFXの大きなデメリットですね。

逆にバイナリーオプションは損失が限られている分、得られる利益もあらかじめ決まった金額分しかもらえません。

つまり、ローリスクではあるけれどもリターンも限定されているといった部分がバイナリーオプションのデメリットと言えるでしょう。

初心者にはバイナリーオプションとFXのどちらがおすすめ?

クエスチョン マーク, 句読点, シンボル, 記号, ヘルプ, 混乱, 質問, 通信, ソリューション

バイナリーオプションとFXの違いを説明してきましたが、結局投資の初心者にはどちらがおすすめなのか?

これは最初にも伝えたようにバイナリーオプションの方がおすすめです。

バイナリーオプションは損失が限定されているため、すぐに口座のお金がなくなってリタイアするというリスクがFXよりも低いです。

またFXのように複雑な利益・損失の計算が必要ありませんので、お金の計算がしやすいという面も含めて初心者トレーダーにはバイナリーオプションをおすすめします。

ちなみに、サラリーマンの方が帰宅後に投資をすると仮定したときにもバイナリーオプションの方が利用しやすいですね。

海外のバイナリーオプションサイトであれば最短30秒~1分程度の取引というのもありますので、隙間時間に稼ぎたいという人にもぴったりです。

【まとめ】初心者ならFXよりバイナリーオプションの方が始めやすい!

女の子, 若い, 学生, 座ります, テーブル, 図書, ノート, ペン, 研究, 宿題, ジョブ, 思う

ハイローオーストラリアへのアクセスはこちら

バイナリーオプションとFXの違いを見てもらいましたが、これから投資を始めるという初心者トレーダーの方には やっぱりバイナリーオプションがおすすめです。

特に本サイトでは海外のバイナリーオプションサイト「ハイローオーストラリア」をおすすめしていますが、こちらは日本人トレーダーも多く利用しているサイトなので安心して登録ができます。

「バイナリーオプションに興味が出てきた」という方は、ぜひハイローオーストラリアにアクセスしてみてください。