国内と海外のバイナリーオプションサイトを比較!初心者はどっちを選ぶべき?

2020年4月7日バイナリーオプション

バイナリーオプションサイトを利用し始めるときには「国内の業者を選ぶか?海外の業者を選ぶか?」という大きな選択があります。

そこで、ここでは国内のバイナリーオプションサイトと海外のバイナリーオプションサイトの違いを解説していきたいと思います。

本サイトでは基本的に海外のバイナリーオプションサイトをおすすめしていますが、どちらにもメリットとデメリットがありますので、ぜひその違いを確認していってください。

国内と海外のバイナリーオプションサイトを比較!

スケール, 質問, 重要性, バランス, 選択, 記号, シンボル, 重量, ビジネス, 測定, 比較, 正義

国内のバイナリーオプションサイトと海外バイナリーオプションサイトの一番大きな違いは、利益が変動制か固定制かという点です。

また、決済までの時間に規制があるかないかというのも重要なポイントです。

<国内と海外の業者の代表的な違い>

国内 海外
利益 利益はそのときの時間やレートによって変動する 「利益=投資額×ペイアウト率」で固定されている
取引時間 2時間おきに決済がおこなわれる 最短30秒から取引が可能
ペイアウト率 残り時間・レートによって変動
およそ1.1倍~20倍
平均すると2倍
(相場は1.8倍~2.3倍ほど)
取扱銘柄 少ない 多い

こちらが国内と海外のバイナリーオプションサイトにおける代表的な違いです。

最初にまとめてしまいますが、初心者にとっては海外バイナリーオプションサイトの方が圧倒的に分かりやすいシステムと言えます。

というのも、海外のバイナリーオプションサイトの場合はトレーダーが銘柄・取引時間・投資額・ハイorローを決めるだけで取引が成立するからです。

あとは決済時間を待って投資の当たり外れを確認するのみですから、非常にシンプルな仕組みと言えるでしょう。

国内バイナリーオプションサイトの場合は、そこに決済までの残り時間・取引枚数・選択するレートといった要素が絡んできます。

もちろんこの要素が投資を盛り上げるという側面はありますが、不慣れな初心者の場合が利益を出すには少しシステムを勉強する時間が必要です。

国内と海外のバイナリーオプションサイトにおける利益の出し方

国内と海外、それぞれのバイナリーオプションサイトにおける大きな違いは利益の出し方です。

つまり取引方法が異なるわけですが、両者の取引方法というのを説明していきます。

<国内バイナリーオプションサイトの取引方法>

  • レートごとに設定されている買値と売値を見て注文をする
  • 取引は1枚単位で注文をおこなう
  • 1枚あたりのペイアウト金額は1,000円
  • 途中で売却をすることが可能
  • ラダー・レンジ・タッチといった複数の注文の仕方がある

まずこちらが国内バイナリーオプションサイトの特徴です。

トレーダーは1枚という単位で注文を出しますが、このときの1枚あたりの価格は買値・売値ともにサイト側が設定した額となっています。

そして1枚あたりのペイアウト金額は一律で1,000円なので、利益が変動制ということになるわけです。

こちらは国内でも利用者が多いGMOクリック証券の取引画面です。

このチャートで黄色ラインよりハイかローかを選ぶ場合、右側の円高購入417円(ロー)円安購入661円(ハイ)というのが1枚あたりの価格になります。

チャートを見ると現在レートが黄色ラインより円安側にあるので、円安の1枚価格が高いというわけです。

このとき円安を1枚買ったとして、そのまま黄色ラインの上で決済時間を迎えた場合はペイアウトが発生します。

反対にレートが黄色ラインを超えて円高の範囲になったら1枚注文価格661円は没収です。

ペイアウトが発生したと仮定すると「ペイアウト1,000円/1枚 ー 注文価格661円 = 利益339円」となります。

ちなみにこのときのペイアウト率は1.51倍ですね。

国内バイナリーオプションサイトの場合は、このA・B・Cというどのラインを基準にしても取引ができます。

また、赤点のタイミングでAのラインより円高(ロー)になるという注文をするより、BやCのラインで円高(ロー)の注文を出した方がペイアウト率は高くなります。

これはそれだけレートが動く幅が大きいからです。

つまり可能性が低い分だけペイアウト金額が高くなるという仕組みになっているわけですね。

なお、先ほどはペイアウト率1.5倍ほどでしたが、仮にCのラインで円高(ロー)に注文をするとなると1枚あたりの価格が50円~100円程度というケースもあります。

そうなるとペイアウト率が20倍~10倍となりますので、かなりの高倍率配当が得られます。

もちろんそれだけ予想が当たる確率が低いということですから、投資するにはリスクが大きいということも理解しておきましょう。

また、時間の経過・レートの動きによって買値・売値の注文価格は常に変化するということも覚えておいてください。

<海外バイナリーオプションサイトの取引方法>

  • ペイアウト率はあらかじめ決まっている
  • 損失額は投資した金額のみ
  • 1回の投資額は1,000円からが基本(例外的に500円~というサイトもある)
  • 30秒や1分という取引時間がある
  • 注文したときのレートが判定基準となる

こちらが海外バイナリーオプションサイトの取引方法です。

国内のサイトより圧倒的にシンプルな構造をしているというのが特徴的でもあります。

こちらは本サイトでもおすすめしている海外バイナリーオプションサイト「ハイローオーストラリア」の取引画面です。

基本的には画面上部で取引銘柄を選び、右側で投資額とハイorローを決めるだけで注文が完了します。

また、ペイアウト率があらかじめ表示されているので利益の計算も非常にしやすいです。

例) 投資額1,000円×ペイアウト率1.88倍=払戻額1,880円
利益は880円

このシンプルさが海外バイナリーオプションサイトの最大の魅力と言えますね。

こちらの図のように、自分がエントリーしたタイミングが判定の基準となります。

そして決済時間も自分がエントリーしたタイミングから〇〇分経過後、という形なのでチャート分析もしやすいです。

仮に3分の取引を選んだとしたら上の図のように3分後が決済時間となるわけですね。

(注:取引時間の長さによっては判定時間があらかじめ決められているものもあります)

ちなみにハイローオーストラリアだと最大ペイアウト率が2.3倍なので、成功した場合は投資した金額の倍以上が戻ってきます。

【まとめ】国内と海外のバイナリーオプションサイトを比較!初心者には海外がおすすめ

起業家, アイデア, 能力, ビジョン, ターゲット, マーケティング, 計画, 開始, 起動します

ハイローオーストラリアの口座開設ページはこちら

ご覧いただいたように国内と海外のバイナリーオプションサイトでは圧倒的に海外の方が分かりやすい仕組みとなっています。

そのため、初心者がバイナリーオプションにチャレンジをするなら海外のサイトを選ぶことをおすすめします。

また、海外のバイナリーオプションサイトに興味がある方は、ぜひ本サイトでも一押しのハイローオーストラリアを利用してみてください。